スポンサーリンク

Oracleのトラブル対応方

1.サーバーにインストール後、その場では使えたのに
  サーバーを再起動するとOracleに接続出来なくなった場合。
  (ネットワーク接続を切断後、Oracleサービスのみ再起動すると
   正常起動する。)

 →「<OracleHome>\NETWORK\ADMIN\listener.ora」ファイル内の
  「LISTENER」欄「(HOST = 」以降の箇所が
  「LocalHost」か
  「127.0.0.1」になっていないか確認し、なっている場合は
  「サーバーのIPアドレス」か
  「サーバーのマシン名」に変更する。
  (インストールオプション,プロトコルにより適宜対応)


2.サーバーにインストール後、サーバー上では正常に動作している
  にも関わらずクライアントから接続出来ない場合。
  (クライアント側の接続設定が正しく行われている事が前提)

 →サーバー側のファイヤーフォール(XP標準も含む)設定を確認し
  Oracleで使用しているポート or プログラムがブロックされてい
  ないか確認し、ブロックされている場合は開放する。
車の査定なら!!かんたん車査定ガイド
出張・お仕事でのホテルご利用に『直前10日間最安値カレンダー』

スポンサーリンク

Oracleバージョン別注意点

Oracleバージョン別注意点

<Oracle8i以前>
○ユーザー関連
・internal/oracle(デフォルトパスワード)
・system/manager(デフォルトパスワード)
・sys/change_on_install(デフォルトパスワード)

<Oracle9i>
○ユーザー関連
・internalユーザーが無くなった。
・system/manager(デフォルトパスワード)
・sys/change_on_install(デフォルトパスワード)
○管理者ツール関連
 ・svrmgrl(サーバーマネージャ)が無くなりsqlplusで
  処理する事となった。

<Oracle10g>
○ユーザー関連
・internalユーザーが無くなった。
・system,sysユーザーのデフォルトパスワードが無くなった。
  (インストール時に必ず設定が必要)
 ・インストール時の設定により全ユーザー(管理者含む)を
  同じパスワードに設定可。
○管理者ツール関連
 ・svrmgrl(サーバーマネージャ)が無くなりsqlplusで
  処理する事となった。


<バージョン別共通注意点>
○ツール等
 ・svrmgrl,imp,exp等はバージョンによって後に
  数値(バージョン等)が入る事があるので、起動できない場合は
  ファイル名で検索して正式名を確認する事。

○バージョン間移行時
 ・通常通りでは移行できないバージョンもある為注意する事。
車の査定なら!!かんたん車査定ガイド
出張・お仕事でのホテルご利用に『直前10日間最安値カレンダー』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
自作情報サイト
最近のコメント
参加ランキング
ポチッと1日1回ずつ
にほんブログ村 ゲームブログへ


ブログランキング
カテゴリー
プロフィール

ケーワイ(KY)

ケーワイ(KY)
仕事:コンピュータ関連の仕事
趣味:ゲーム,旅行,バイク等
気が向いたら覗いてみて下さい。(^^)

当ページはリンクフリーです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSボタン
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
リンク
訪問者数

現在の閲覧者数